entry_header

2014/08/19 (火) 18:27

第49回 琉球古典芸能コンクール

第49回 琉球古典芸能コンクール 舞踊部門

の新人部門に三女が、

その上の優秀部門に次女・長女が

無事合格しました。




三女

20140806-140130 (1)21

20140806-140130 (1)1





次女

20140807-181057 (1)21

20140807-181057 (1)11





長女

20140807-184713 (1)21

20140807-184713 (1)11


次女と三女とエミ子先生は4日から、
私と長女は5日から沖縄へ行き、
6日の新人部門最終日に三女、
7日の優秀部門初日に次女・長女が
審査を受けるという、
ハードスケジュールでした。

両日とも翔節会の先生方が化粧・着付けをしてくださり、
審査の順番を待つ間も常に話しかけてくださったんで、
娘達は落ち着いて踊りきる事が出来ました。

観てた私は二日ともまともに食事がとれない程
緊張してましたが…(^_^;)


長女・次女が新人部門を受けた時もそうでしたが、
今回も玉城節子先生はじめ、
翔節会の先生方に、大変お世話になりました。
本当にありがとうございました

そして、ご自身は「厳しく指導した」
とおっしゃるけど、全然厳しくなく、
むしろ優しく、細やかにご指導くださった
竹内エミ子先生、
本当に、本当にありがとうございました

エミ子先生は
合格発表の後、ずっと電話が鳴りっぱなしだったと
嬉しそうに教えてくださいました。



三人の踊りは基本に忠実で、
崩れや癖が無くて綺麗だと褒められます。
節子先生もエミ子先生も
癖の無い素直な踊り方が一番難しいとおっしゃいます。


「稽古をして型を持ってる人が型を破るから「型破り」で、
型を持ってない人がただそれをやると「型無し」。



以前、テレビで故中村勘三郎さんがそうおっしゃってたのが
ずっと心に残っていて、エミ子先生にお話しした事がありました。

エミ子先生は「その通り。」と頷かれ、
「今は少し覚えたら、すぐ何でも出来ると思い込んで
楽で目立てる方に流れる人が多いけど、
基本に忠実に踊る事の難しさ、そしてその美しさを
学んで欲しいのよ。
節子先生もそう願ってらっしゃるから
三姉妹を大事に育ててっていつも私におっしゃるの。」
とおっしゃいました。


娘達にはエミ子先生、節子先生、
そして翔節会の先生方のご恩に報いる為に、
自分の「型」をしっかりと持てるよう、
精進して欲しいです。

夏休みの宿題も…精進あるのみ



side menu

CALENDAR

07 * 2014/08 * 09

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

日本ブルーリボンの会

ブルーリボン

プロフィール

mifuri

Author:mifuri

最新記事

最新コメント

You Tube

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

旧ブログ

FC2カウンター

QRコード

QR

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad