entry_header

2012/06/28 (木) 17:14

泣いたり笑ったり。

民謡大賞から二週間近く経ちますね…。

帰って来てからすぐ
徳之島でお世話になった方々の宴会にお呼ばれしたり



平日に島唄だけの出演をお受けしてたりで
ばたばたと過ごしてたら
今週になってダウンしてしまいました。
…私だけが。

唄ったり踊ったりしてるのは子供達なのに



民謡大賞、今までの中で一番忙しかったです。。。

着物で出場するのは初めてだったんで、
着付けはどうしようかととし姉に相談したら
「佐代ちゃんにお願いするから!
佐代ちゃんなら着付けに慣れてるし、早いし、
唄いやすい着方を知ってるから。」
と、三姉妹が尊敬する
女性唄者の代表格・皆吉佐代子様に連絡をとってくれました。



約束の時間より20分早く会場に行ったら
皆吉さんはもういらしてて、
「早く来てないと待たせたら子供達を不安にさせるから。」
と、おっしゃいました(>_<)


「はい、時間はすぐ過ぎるから、早く着せるからね
足袋履いて襦袢着て
と、とし姉に聞いてた通りの素早さで
着付けを始められた皆吉さん、
着物と帯を出したとたんに動きがぴたっと止まり、
「はげ~…。すごいねぇ。綺麗
お母さん、こんな立派なの揃えられんよ~。頑張ったねぇ
とおっしゃいました。

ぜ~んぶ磯子姉が手配してくれたと話したら
「はげ~、磯ちゃんすごいね~。良い物ばかりよ
と、驚いてらっしゃいました


皆吉さんは急用が出来たからと、
着付けをしてくださったらすぐ
帰って行かれました。
ゲスト出演の予定だったのもキャンセルされたそうで
久しぶりに唄が聴けると思ってたのに残念でした



着物を着た娘達は嬉しくてはしゃいでました。
「軽い~苦しくな~い
と、携帯で写メ撮って送ったりしてゴキゲンでした





が、次女は唄った後、自分で納得できなかったようで
泣きました。
次女は三人の中で一番自分に厳しいです。
本番前の練習で出てた低い声が
本番では出にくかったらしく、
歌い終わって控え室に帰ったとたん
泣き出してしまいました。
まぁ、この子が泣くのは初めてじゃないんで
私も動じなかったんですが…


今回は長女が出番前に泣きました。

毎年、出番前に控え室で
治井先生に唄を聴いていただいてから
本番に臨んでました。
でも今年はいらっしゃらなかった。
寂しさと心細さと、
治井先生の為に上手く唄わないといけないと
気負ってしまった事でいっぱいいっぱいになって
声が出なくなってました。

なんかおかしいと思って、
「あんたね、上手く唄おうなんて思わんで、
今できるだけの唄で良いんだからね。
背伸びして上手くみせようとして唄っても
治井先生は喜んでくれないよ。
栄昇先生に教わったとおりに素直に唄えば
治井先生は安心してくれるはずよ。」
と声かけたとたん
大粒の涙をこぼしました。

内心「余計な事言ったかな~。」
と思ったけど、
泣いた後は少しは落ち着いたようでした。


本番でも泣きそうになってたけど、
なんとか唄いきった姿を見て、私も泣きそうになりました

少年の部・青年の部が終わって、着物を脱ぐ前に
写真を撮りました。
長女・次女は泣いた後なんで微妙な顔です
三女は…今回一番落ち着いてました
三味線の栄昇先生、囃しの姉二人を従えて
「何様」と突っ込みたくなる程の堂々とした姿は
おかしかったけど可愛かった











長女・次女はみんなで写真撮る時には
心配かけないよう、ちゃんと笑ってました。





むっちゃん姉の出場した壮年の部は
着物を片づけてたんで
むっちゃん姉の唄しかまともに聴けませんでした…
むっちゃん姉と、高年の部に出場した磯子姉は
さすがって感じの唄いっぷりでした

高年の部には治井先生の甥御さんが出場されてました。
「犬田布節」を唄われた米川さん。
米川さんの唄声が治井先生にそっくりで、
長女は客席でまた泣きました。




ゲストの唄の時、
坪山先生のワイド節の前に
「徳之島の唄者のみなさん、舞台に上がって踊って下さい。」
と司会の方がおっしゃり、こりゃ、行かないと後で叱られるぞと
「島魂」Tシャツに着替えた三姉妹を送り出しました。
むっちゃん姉と磯子姉は着物のまま踊りまくりました



私の隣に座ってたおじちゃんに
「あんた達、徳之島の子なら徳之島の宣伝の為に
張り切って踊っておいで
と言われ、
「はい
と笑顔でこたえて舞台に上がり、
踊り終わった後、客席のばあちゃん達と
握手をしながら席に戻って来た三姉妹。

三女は終始笑顔だったけど、
長女・次女は泣いたり笑ったりの
忙しい一日でした。

長女は
三味線のケースに治井先生と一緒に撮った写真と、
民謡大賞の数日前に届いた奥様からのお手紙を入れて行きました。

帰って来てからもケースに入れたままです。
ずっと治井先生に見守って欲しいからと。


side menu

CALENDAR

05 * 2012/06 * 07

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本ブルーリボンの会

ブルーリボン

プロフィール

mifuri

Author:mifuri

最新記事

最新コメント

You Tube

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

旧ブログ

FC2カウンター

QRコード

QR

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad